浄土真宗のお経とは*『観無量寿経』その13

Posted 3月 5th, 2011 by まるこ and filed in 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経・浄土三部経の一つ『観無量寿経』の13回目です。

『観無量寿経』に説かれている定善について書いていました。
定善は心を静めて、阿弥陀仏と、その浄土を思い浮かべることです。
今日ならば、勤行のときに、心を静め、阿弥陀仏を思い浮かべます。
ついつい忙しい忙しいで、心を静める時間がとれぬもの。
せめて朝晩、仏前に座り、勤行をさせていただき、阿弥陀仏を念じることがとても大切なことなのです。

Comments are closed.