浄土真宗についての疑問点

Posted 5月 12th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:お経とは
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経について調べています。

浄土真宗のお経に興味といったらなんですが、浄土真宗のお経を覚えたいと思ったきっかけは祖母の葬儀に参列してから。
お盆やお墓参りに行った時に、この浄土真宗のお経を読みたくて調べ始めたのがキッカケ。

浄土真宗には数多くのお経があると思っていたら、最も大切とされているのが3部経と言われる3つのお経。

そのお経について1つずつ調べているのですが、今回はその3つのお経を調べているときに疑問に思ったことを書きたいと思います。

それは、時たまでてくる「経」「律」「論」という文字。
どんな意味なのか調べてみます!

お経には次の三種類があるそうで・・・
● 経・・・お釈迦さまの教えをまとめたもの。
● 律・・・戒律(規則)に関するもの。
● 論・・・経と律に関する解説および研究論文。

中心となるのはやはり経です。お釈迦さまが弟子たちに説かれた話の記録です。
お経の文章構成は、概ね次のようになっています。

● 如是我聞(にょぜがもん)私は次のように聞きました。で始まり、
● 教えが説かれた場所。
● 聞いた人の人数。
● 会話の内容。
● 信受奉行しんじゅぶぎょう私はこの教えを信じ受け取り実行します。で終わります。

お経という漢字に使われる「経」とは線や糸という意味で、一本の糸に美しい花を通し鼻の輪をつくるよう、お釈迦様のすぐれた教えをいくつも並べたものという意味があるそうです。
ほかにも疑問に思うことは多々あります。
お釈迦様と阿弥陀はどっちがえらいのか?とか阿弥陀仏と浄土真宗のお経は違うのか?
なんだか、昔の言葉で書いてあるだけにどんな言い回しなのか分からないというところにあります。

でも、そんなことで浄土真宗のお経について調べることを諦めたりはしませんよ!!

Comments are closed.