浄土真宗のお経*『正信偈』はお経じゃない!?

Posted 2月 28th, 2010 by まるこ and filed in 未分類, 浄土真宗:お経とは
コメントは受け付けていません。

 

 
先回、

浄土真宗のお経の ひとつ

『観無量寿経』に説かれている

『王舎城の悲劇』は

どうして起きたのか

「惑業苦」について 書いていたよね。

 

 

ところで

浄土真宗のお経といえば

『大無量寿経』

『阿弥陀経』

『観無量寿経』

この3つが、浄土三部経といわれる

大事なお経ということなんだけど、、、

 

 
みなさんは

法事などで

『正信偈』 って

聞いたことありません?
 

あの

「帰命無量寿如来 南無不可思議光」

で始まる、『正信偈』ですね。

 
 

『正信偈』も

浄土真宗で大事な お経なんじゃないかと

ちょっと気になってたの。

 

 

そしたらね

親鸞会で話を聞いている人が教えてくれたんだけど

『正信偈』は

お経とは言わないんだって!

 

みなさん、ご存知でした?

 

 

聞いてみれば

なるほど

そうだよなって、

よく分かる話なの。

 

なぜって

お経というのは、

「仏説○○○経」といわれるように

 

仏さま

つまり

仏のさとりを開かれた お釈迦さまのお言葉が

書かれているものなんだよね。

 

それを「お経」とか「経典」といわれる。。

 

でも

『正信偈』は、

800年前、日本にお生まれになった

親鸞聖人の書かれたものだから

お経とは言わないんですって!

 

どちらも

漢字ばかりで書かれているし、

法事などで読まれるから

同じように、「お経」と言っている人が

多いみたいだけれど

正しい言葉を使わないとね。

いろいろ間違っていく元だっていわれるから。

 

……

ということで

今回は、

『王舎城の悲劇』のお話 綴られなかったけれど

とっても大事なこと、分かったので

アップします~っ☆
 

Comments are closed.