浄土真宗の大無量寿経について②

Posted 4月 28th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:大無量寿経
コメントは受け付けていません。

今回も浄土真宗の大無量寿経について調べています。
前回、浄土真宗の大無量寿経については、だいぶ調べたと思っていたのですが、いろいろ調べているとまだまだ知らないことがたくさんあるので、すべてお話することが出来ないかもしれないですが、自分が調べて勉強した所をお話したいと思います。

大無量寿経というお経は大経とも呼ばれているということは前回お話しましたが、別称に『双巻無量寿経』(『雙巻無量壽經』)、『双巻経』(『雙巻經』)とも呼ばれているそうです。
浄土真宗のお経だけじゃないかも知れませんが、同じお経でもいろんな読み方があって複雑ですよね!

浄土真宗の3部経の1つである大無量寿経の内容についてお話したいと思います。
これは優れた比丘や菩薩たちに対して、釈尊が五徳の瑞相をあらわし説かれたことが書かれているものであり、正宗分にはある国王が出家し法蔵菩薩と名乗り偈文(「讃仏偈」)を作りって師を讃嘆しさまざまな仏の国土の成り立ちを見せて欲しいと願いを述べています。
そして、その仏国土より優れた点を選び発願(ほつがん)し、五劫の間思惟して行を選び取ったともいわれています。
その願と行を選び取った法蔵菩薩は、師に向かって48の願を述べたそうです。
そしてその願に続いて願の目的を述べて誓ったそうです。兆戴永劫にわたり修行し、この願が成就し無量寿仏(阿弥陀仏)と成ったその仏国土の名が「極楽」であると説かれているのです。

Comments are closed.