浄土真宗の大無量寿経について

Posted 4月 10th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:大無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗の7000冊あまりにも及ぶお経の中から、最も浄土真宗で大切にされているお経は何か?
ということを前回調べたら3つのお経が判明!!
今回はその中の1つである『大無量寿経』に関して詳しく調べることにしてみました。

大無量寿経は、略して「大経」とも言われることも多くあるそうです。
お釈迦様はこのお経の初めに、「如来、 世に出興する所以は道教を光闡し、群萌を拯い恵むに真実の利を以てせんと欲してなり」 と仰言っていて、その内容を現代の言葉に直すと「私がこの世に生まれでた目的は、 一切の人々を絶対の幸福に導く、 この経を説くためであったのだ」との宣言から始まっているそうです。

これを出世本懐経といい、真実のお経と同じ意味をもっていて釈尊の本心が説かれている経典ということになり、 『大無量寿経』 以外のすべてのお経は、 方便のお経であることが分かるそうです。
それに、 『大無量寿経』 の終わりには、「当来の世に経道滅尽せんに、 我慈悲を以て哀愍し、 特にこの経を留めて止住すること百歳せん」 と、 真実のお経であることのとどめを刺しているんだそうです。

どうしてこんなとどめを刺したりする必要があったのでしょうか?
それは、やがて「法華経」など一切のお経が滅尽する、 末法法滅の時機が到来するような時代になってもこの 『大無量寿経』 だけは永遠に残り、今までよりもっとたくさんの人々を絶対の幸福に導くであろう〟ということを強く言いたかったのだと思います。

このような宣言ともとれるような内容が説かれているお経は、一切経が多いといえども阿弥陀仏の本願が説かれているのは 『大無量寿経』 以外にはありえないのだそうです。
そんな阿弥陀仏の本願が説かれている浄土真宗のお経の1つである大無量寿経をもう少し詳しく次回までに調べます。

Comments are closed.