『阿弥陀経』を説かれた時のエピソードです

Posted 5月 25th, 2011 by まるこ and filed in 浄土真宗:阿弥陀経
コメントは受け付けていません。

 

こんにちは!

浄土三部経のひとつ『阿弥陀経』が

説かれた場所について
いまに伝わる エピソードがあるそうです。

それは
「祇樹給孤独園」という場所でした。

『阿弥陀経』には
「一時、仏、舎衛国の祇樹給孤独園に在して、
 大比丘衆千二百五十人と倶なりき」とあります。
そこに建てられたのが、
『平家物語』の冒頭でも
よく知られている 「祇園精舎」です。
「祇園精舎」が建立されたとき
どんなドラマがあったのか、
親鸞会の友達から教えてもらったエピソードが
そうなんだ・・・と
心に残ったので、紹介しますね。
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ 

「祇樹給孤独園」とは、
中インドのコーサラ国の首都・舎衛城にあった大寺院のことで、
一般に「祇園精舎」と呼ばれています。
『阿弥陀経』をはじめ、多くの経典が説かれた
祇園精舎の建立には、「黄金布地の盛挙」とたたえられた
有名なエピソードがあります。

「数千人が一度に聞法できる大殿堂が必要だ」
お釈迦さまに帰依していた給孤独長者は、
精舎建立の聖地を探していた。

国中を回り、やっと見つけたのが、
祇陀太子(ぎだたいし)の所有林である。
涼しい風が吹き、サラサラと小川が流れ、小鳥のさえずりが心を洗う。
「ここしかない。ぜひ土地を譲ってもらいたい」
八方手を尽くし懇願したが、祇陀太子は承知しなかった。
しかしあまりにも長者が熱心なので、
あきらめさせるため、無謀な条件を持ち出した。
「では、その地を黄金で埋めれば、その分だけの土地を引き換えに譲ろう」
それを聞くと長者は大喜びで、土地に金貨を敷き詰めていく。

半ばを過ぎようとした時、祇陀太子は驚いて、
「長者よ、待ってくれ。あなたは、全財産を投げ捨ててまで、
だれに、何のためにこの土地を寄進するつもりなのか」。

「お釈迦さまが仏のさとりを開かれ、
全人類が救われる真実の法を説いておられます。
私は、この国に仏法を伝えたいのです。
金や財は一時の宝。やがては壊れ、滅んでいきます。
しかし、真実の法は、永久に滅びない至宝です。
全財産を投じても悔いはありません」

太子の心は大きく動いた。
「ああ、あなたがそれほど尊敬されるお釈迦さまとは、
どれほど偉大な方なのでしょう。
もう金貨を敷くのはやめてください。残りの土地はお譲りします。
樹林の立ち木は、精舎建立の用材として私から寄進します」
かくて、壮大な聞法道場が落成したのです。
お釈迦さまは、この地を「祇樹給孤独園」と名づけられました。
「祇樹」とは、祇陀太子が献上した樹林を意味し、
「給孤独園」は、給孤独長者の買い取った園地(土地)を指すのです。
この地に、建立された大寺院は「祇園精舎」と呼ばれ、
両者の布施の大行は今日まで、連綿と語り継がれています。
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ 
いかがでしたか?

この場所に祇園精舎が

建てられたからこそ

今日に、

仏説『阿弥陀経』が伝わっているのですよね。

『阿弥陀経』の始まり「如是我聞」とは?

Posted 4月 5th, 2011 by まるこ and filed in 浄土真宗:阿弥陀経
コメントは受け付けていません。

 

未曽有の東日本大震災から
3週間余り経ちました。。
被災された皆さま
心よりお見舞い申し上げます。。
親鸞会で仏法を学んでいる
さくらから
この世も、未来も
救ってくださる仏は
阿弥陀仏だけなんだって 聞きました。。
みなさんは
阿弥陀仏という仏さまのこと
知っていますか?
浄土三部経のひとつである
『阿弥陀経』に
その阿弥陀仏のことが詳しく教えられているんですって。
葬儀や法事で、
『阿弥陀経』を耳にしたことのある方も多いのでは?

「シャーリーホ」と繰り返される、
あの『阿弥陀経』ですね。
漢字で書くと「舎利弗」。
お釈迦さまのお弟子のお名前だそうです。
『阿弥陀経』の始まりは
「如是我聞(是の如く、我聞く)」ですが、
『阿弥陀経』に限らず
お経は「如是我聞(是の如く、我聞く)」で始まるようです。
「お経(経典)」の成立について
さくらから教えてもらったので、紹介します。。
お釈迦さまの説かれたお経は
「七千余巻」という膨大な数の お経に書き残され、
総称して「一切経(いっさいきょう)」と いわれます。

その お経は、
お釈迦さま ご入滅後、
高いさとりを開いた500人の お弟子が集まり、
お釈迦さまの ご説法を記録したものなんですって。

お弟子の一人が、
まず、「このように私は聞きました」と、
ご説法の記憶を語ったため、
いずれのお経も、
「是の如く、我聞く」で始まっているのですね。

その内容に間違いないか、徹底討議の末、
記録されたものが「お経」となって、
今日に伝わっているから、
お経は、お釈迦さまの金口の説法とされ、
「仏説」とつけられているのだそうです。
では
『阿弥陀経』には
阿弥陀仏のこと、どのように教えられているのか
続きは次回に・・・

浄土真宗阿弥陀経について②

Posted 6月 6th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:阿弥陀経
コメントは受け付けていません。

今回も浄土真宗のお経で有名な阿弥陀経について調べてみたいと思います。
その前に少し余談なのですが、お釈迦様ってブッダとも呼ばれるんですね!
ブッダという意味は目覚めた人というらしいのです……。
小さい頃にブッダという漫画の本を読んだことがあるのですが、なんだか勘違いしていたようです。

さて、話を戻して、浄土真宗の阿弥陀経についてお話したいと思います。
浄土真宗の阿弥陀経というお経は、2600年前にインドに現れたお釈迦様が35歳で仏という無上のさとりを開いてから80歳で亡くなるまでの45年間の長い年月をかけて説かれた中で教えられたことです。
お釈迦さまの教えられたことのすべては、七千余巻という膨大な数のお経に書き残されいて、これらを一切経とも呼ばれています。
このお経はお釈迦様が亡くなられてから、高いさとりをひらいた500人のお弟子さんが集まってお釈迦様のご説法を記録したものなのだそうです。

なので、このお経はお釈迦様のご説法なされたことを記憶から書き残したものなので、どのお経も「是の如く、我聞く」(このように私は聞きました)と始まるそうです。そして、この内容に間違いがないか500人の高いさとりを開いた人全員が一致したときだけ記録したといわれているので、このお経は間違いなくお釈迦様の金口の説法だということで「仏説」とつけられているのだそうです。

また、お釈迦様が阿弥陀仏の御心一つを一生涯教えていったのが仏教なのだと親鸞という人は『正信偈』に明言しているそうです。

浄土真宗阿弥陀経について

Posted 5月 30th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:阿弥陀経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経を覚えようと思ったのがきっかけで、浄土真宗のお経について調べています。
浄土真宗のお経というのは、お釈迦様が説かれたことをお弟子さんたちが話あって、書き残したものだといわれていて、その数は7000冊以上あります。

そんな7000ものお経を覚えることは、この私には不可能ということが明らかなので・・・

「だったら浄土真宗のお経の中でもっとも大切とされているお経だけを覚えて、仏壇やお墓の前で唱えてあげればおばあちゃんもよろこぶかな?」なんて思ったのです。
浄土真宗で大切にされているお経が3つあるそうですが、正直その3つのお経すら覚えることができるか不安です。

でも、初めから浄土真宗のお経をあきらめるわけにもいかないので・・・
前回までは、「大無量寿経」略して「大経」について調べたことを書いてきましたが、今回は浄土真宗で最も大切とされている3つのお経のうちの1つである『阿弥陀経』を調べてみたいと思います。
阿弥陀経を省略して「小経」といい、このお経には阿弥陀仏と極楽浄土の様子が詳しく説かれているそうです。

この経の大切な点としては、 東西南北上下 (六方) の大宇宙の諸仏方が異口同音に、 「弥陀の本願まこと」 を証明している 「六方諸仏の証誠」にあるそうです。
普通のお経の場合は誰かの質問に対して答える形で説かれていることが多い中、『阿弥陀経』の場合は「無問自説の経」といわれていて、釈尊の問わず語りの説法なのだそうです。
この質問をされずに、自ら説いたお経というのはこの阿弥陀経だけであり、これは自ら説かずにいられなかったお気持ちの表れだともいわれています。