浄土真宗のお経 *『観無量寿経』 その③

Posted 9月 24th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

 

 『観無量寿経』というお経に説かれている
 『王舎城の悲劇』について親鸞会でお話を聞いてきました。

 

 浄土真宗のお経について学んでいるのですが、
 ここでちょっと、これまでのことを復習してみたいと思います。。

 
 そもそも、お経というのは、
 お釈迦さまの教えを書き残されたものをいうんですよね。

 

 漢字ばかり並んでいるのをみたら、お経のように思ったり、
 葬式や法事で読み上げられるものはすべて
 「お経」だと思い込んでいましたが、そうではなかった。。
 
 お釈迦さまの教えを、お弟子が書き残したものが、
 「お経」であり「経典」。
 だからお経の最初には必ず「仏説」と、つくんですって。
 仏のさとりを開かれた、お釈迦さまの説かれた教えだからですね。

 

 その経典の数は、なんと7000冊以上あるといわれます。
 7000冊ですよ!1日一冊読んだとしても20年位かかる。。

 

 その7000冊余りの経典の中で、
 浄土真宗のお経といえば、3巻だそうです。
 それが、浄土三部経といわれるものなんですね。

 

 ●仏説 大無量寿経 (だいむりょうじゅ きょう)
 ●仏説 阿弥陀経  (あみだ きょう)
 ●仏説 観無量寿経 (かんむりょうじゅ きょう)

 
 この中の『観無量寿経』には、
 『王舎城の悲劇』が書かれているんですよね。

 

 最近、親鸞会で、そのお話を聞くことができると知って
 足を運んでみたのです。

 

 約2600年前、お釈迦さまご在世中、
 インドで実際に起きたのが『王舎城の悲劇』。
 だから『王舎城の悲劇』は、史実です。
 『王舎城の悲劇』の主人公は、韋提希夫人という女性。
 インドのマガダ国で、ビンバシャラ王の妃でした。

 
 地位も名誉も何もかも恵まれて不自由はなかった二人ですが、
 世継ぎのないことに苦しみ、占い師に頼って

 「修行者が死ぬと、子供が生まれる」という占い師の言葉を信じて修行者を殺害。

 ここが「悲劇」の始まりでありました。

 

 

 韋提希は、まもなく子供を身ごもります。

 国中が、世継ぎの誕生を心待ちにするお祝いムードに包まれますが、
 韋提希は独り、うなされていました。

 

 修行者の断末魔の叫びが耳に残り、忘れられず、夢にまで出てくる。
 食事もノドを通らず、夜も眠れない。

 もう一度、どんな子供が宿っているか、占い師に看て貰いたいと
 ビンバシャラ王にせがみ、占わせたところ、
 「間違いなく王子さまで、五体満足されてはおりますが、
 ご両親に大変恨みをもって宿っておられる。
 成長すると、殺害されるかもしれません」とのこと。
 「やはり……」。韋提希の予感は的中、一層苦悶を深めました。

 

 臨月が近づき、もう産むしかない状況に追い込まれ、
 ついにある決意を、ビンバシャラ王に打ち明けたのです。

 

 「やがて自分たちを殺害するような子供、
 どうして、育てられるというの!」

 「じゃあ今更、どうしようというのだ」

 「もう産むしかない。だから産むわ。でも育てるのはまっぴらよ。
 産室を2階にして。下の部屋に剣の林を作ってよ。
 一思いに、そこへ産み落とすのよ」

 ビンバシャラ王は、韋提希の言うとおりの産室を準備。

 韋提希は予定通り、そこで出産に臨んだのですが、
 よほどこの世に縁のあった子供なのか、
 剣と剣の間に落ちて、右の小指を切り落としただけで
 命に別状はなかったのです。

 

 生まれた我が子を見た二人に、もはや殺意は消え失せました。
 阿闍世と名付けられたその子は、蝶よ花よと育てられたのです。

 それまでの経緯は語ることを禁じられたのは言うまでもありません。

 

 ところが、その阿闍世が
 成長するにつれ、次第にその凶暴性を露わにするようなりました。
 親に暴言を吐き、家臣達は、虫けらのように殺す。
 町民たちにも乱暴の限りを尽くす。

 

 

 ビンバシャラ王と韋提希夫人の心に、
 占い師の言葉が甦ってきました。

 

 「今でさえ、こんなにひどいのに、
 成長したらどうなるのだろう。
 もしかしたら本当に、親を殺すのではないか……」

 

 

 不安に襲われる二人の耳に、ビッグニュースが飛び込んできました。

 そう!お釈迦さまの存在です!

 

 これは皆さん!実話なんですよ。

 『王舎城の悲劇』は史実です。
 そしてそこに、お釈迦さまが出てこられるのです!

 

 王舎城で起きている悲劇も、
 その「ミニ版」が、
 現代も身近に起きているのではないでしょうか。。

 

 なぜ「ミニ版」かといえば、、、

 ビンバシャラ王や韋提希ほどの権力がないからで、
 家庭悲劇は、今も昔も変わらない。
 インドも日本も変わらない。

 

 その悲劇の真っ最中、
 ビンバシャラ王と韋提希夫人のもとに、
 お釈迦さまがおられるという
 ビッグニュースが飛び込んできたのです!

 

 単なる、2600年前の昔話とは言えないのではないか……。
 そんな気がしてなりません。とてもリアルです。。

 続きはまた改めて。
 

浄土真宗観無量寿経について②

Posted 7月 6th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経に興味を持ち始めた私が、自分なりに浄土真宗のお経について調べたことを書いてます。

今回も親鸞会の方へ行った時のお話をしたいと思います。
私が親鸞会へ行ったのは、浄土真宗の観無量寿経について聞くことができるという情報を聞きつけたから・・・。

前回は観無量寿経に書かれている王舎城の悲劇の王妃が妊娠するところまでの出来事をお話したと思いますが、今回はその続きをお話していこうと思います。

修行者を殺害してからしばらくして、妊娠した王妃。
あれだけ待ち望んだ妊娠だったにも関わらず、心から喜ぶことができず・・・。
それも、修行者が殺されるときに全身から血を噴きながら、恐怖のと怒りの形相で王夫妻をにらみつけて「「おのれこの恨み、 必ず報いるであろうぞ!」と息絶えたことが原因・・・・。

寝ることも食事をとることもできなかった王妃は再度占い師の元をおとづれた。
「太子さまに相違ございませんが、 大変、 恨みをもって宿っておられる。 成人なさると、 きっと、 あなた方を害されるお方になられましょう」と占い師がいう。
これではいけない。
子供が大きくなる前に殺してしまわないといけないと考えた王妃は、二階を産室にし下の部屋に剣の林をつくってそこへ産み落とすと考えた。

そして臨月を迎えた王妃は予定通り、二階の産室で出産。
しかし、よほどこの世に縁があったのか小指1本を切り落としただけで奇跡的に子供は助かり、産み落とすまで「産んではいけない」と思っていた王妃も、子供の産声をきくなり考えはかわり、蝶よ花よと愛育するようになった・・・・。

その子供はアジャと名付けられたけれど、生まれつき凶暴性が強く 親や周囲への暴力は茶飯事で、 家臣などは虫けらのように殺害し、悪口雑言、 うそ、いつわりは平然と言い、 日々、 欲楽にふけり非道のかぎりをつくす人間になったそうです。

私は、浄土真宗のお経はただ単に念仏を唱えているだけのような気がしたのですが、初めて聞くこのストーリーには正直ビックリ!!
浄土真宗って奥が深いですよね!!
これからもっと浄土真宗のお経について調べていこうと思います。

浄土真宗観無量寿経について

Posted 6月 30th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経について書いているサイトです。

前回、親鸞会に行って浄土真宗のお経について聞くことができたとお話をしました。
今回からはその親鸞会で聞くことができたことを数回に分けてお話していこうと思います。

浄土真宗の観無量寿経というお経は、釈尊がこの世に存在していた時の話。約2600年ほど前のことです。
マガダ国の王・ビンバシャラ王の妃である韋提希夫人はとても可憐な女性だったけれど権力者独特の考え方の持ち主だったようです。
そんな韋提希夫人は、なかなか跡継ぎができないことに悩んでいたそうで、
悩んだ挙句占い師にどうしたらいいのかを聞くために占い師の元へ出向いたそうです。
そしてその占い師が占った結果が、「心配しなくても子どもは生まれる」というものだったそうです。

その結果に喜んだ王と妃は「いつ生まれる」と聞くと、占い師が「あと5年先」と答えたそうです。
そのころには子供が産めない体になっていることに気づいた妃は、どうしてもすぐに子供がほしく、どうしたら子供がすぐにできるのかを聞いたそうです。
すると、占い師から出た言葉が「山奥で長年修行している老人の寿命がつきると、 御子が生まれられる」というではありませんか!」
それを聞いた妃はすぐにでも修行している人を殺してくれと王にお願いする。
王はさすがに修行している人をころしてまで・・・とかなりためらったそうですが、権力者独特の考えである妃は、王は家来たちの魂胆に惑わされているだけだといい、結局は王に家来を引き連れて修行者を殺しに行かせてしまう。

ここでいったん休憩になったので、私も休憩したいと思います!

浄土真宗について聞きに行ってきました!

Posted 6月 16th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:お経とは, 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経について調べています。
先日、親鸞会という親鸞聖人の教えを受け継ぐ人たちの集まりに参加することができました。
このような会があるとは知らなかったので、浄土真宗のお経について詳しく知るためにはこの会に参加することはいいことだと思います。

でも、仏教に関心のない人たちは宗教団体なんて聞くと、なんだか嫌なイメージしかないと思うのです。
まぁそれも仕方がないといえば仕方がないですよね!
日本で宗教団体と言えばあのサリン事件を起こした「オウム真理教」を思い出すと思うからです。
しかし親鸞会は違います。
だって何千年も前から受け継がれている仏教を信仰しているだけですから!
仏教に興味がない人でも、自分の人生が終わればお葬式で唱えるお経と言えば浄土真宗のお経には違いなのですから!

でも、一歩踏み出したら違ったのです。
仏教って知らず知らず私たちの生活のなかに入ってきているものですし、その仏教を現在まで伝えてきてくれた人が親鸞聖人であることには間違いはないわけですから、何も怪しいこともなく逆にそんな風に思った私が本当にダメな人間だと思います。
特に会員でもない私がなんで親鸞会へ出向くようになったかというと、それは浄土真宗の特に大切にされているお経の1つである観無量寿経について聞くことができると聞いたからです。

観無量寿経とは省略すると観経といわれているそうです。
その観無量寿経の内容というのが有名な「王舎城の悲劇」で韋提希夫人へのご説法が記されているそうです。
この浄土真宗のお経の1つである観無量寿経の内容は簡単に説明することができるものでもないので、次回から数回に分けて、この浄土真宗の観無量寿経というお経とは一体どんなものなのかをお話していきたいと思います。