浄土真宗のお経*『正信偈』はお経じゃない!?

Posted 2月 28th, 2010 by まるこ and filed in 未分類, 浄土真宗:お経とは
コメントは受け付けていません。

 

 
先回、

浄土真宗のお経の ひとつ

『観無量寿経』に説かれている

『王舎城の悲劇』は

どうして起きたのか

「惑業苦」について 書いていたよね。

 

 

ところで

浄土真宗のお経といえば

『大無量寿経』

『阿弥陀経』

『観無量寿経』

この3つが、浄土三部経といわれる

大事なお経ということなんだけど、、、

 

 
みなさんは

法事などで

『正信偈』 って

聞いたことありません?
 

あの

「帰命無量寿如来 南無不可思議光」

で始まる、『正信偈』ですね。

 
 

『正信偈』も

浄土真宗で大事な お経なんじゃないかと

ちょっと気になってたの。

 

 

そしたらね

親鸞会で話を聞いている人が教えてくれたんだけど

『正信偈』は

お経とは言わないんだって!

 

みなさん、ご存知でした?

 

 

聞いてみれば

なるほど

そうだよなって、

よく分かる話なの。

 

なぜって

お経というのは、

「仏説○○○経」といわれるように

 

仏さま

つまり

仏のさとりを開かれた お釈迦さまのお言葉が

書かれているものなんだよね。

 

それを「お経」とか「経典」といわれる。。

 

でも

『正信偈』は、

800年前、日本にお生まれになった

親鸞聖人の書かれたものだから

お経とは言わないんですって!

 

どちらも

漢字ばかりで書かれているし、

法事などで読まれるから

同じように、「お経」と言っている人が

多いみたいだけれど

正しい言葉を使わないとね。

いろいろ間違っていく元だっていわれるから。

 

……

ということで

今回は、

『王舎城の悲劇』のお話 綴られなかったけれど

とっても大事なこと、分かったので

アップします~っ☆
 

浄土真宗について聞きに行ってきました!

Posted 6月 16th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:お経とは, 浄土真宗:観無量寿経
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経について調べています。
先日、親鸞会という親鸞聖人の教えを受け継ぐ人たちの集まりに参加することができました。
このような会があるとは知らなかったので、浄土真宗のお経について詳しく知るためにはこの会に参加することはいいことだと思います。

でも、仏教に関心のない人たちは宗教団体なんて聞くと、なんだか嫌なイメージしかないと思うのです。
まぁそれも仕方がないといえば仕方がないですよね!
日本で宗教団体と言えばあのサリン事件を起こした「オウム真理教」を思い出すと思うからです。
しかし親鸞会は違います。
だって何千年も前から受け継がれている仏教を信仰しているだけですから!
仏教に興味がない人でも、自分の人生が終わればお葬式で唱えるお経と言えば浄土真宗のお経には違いなのですから!

でも、一歩踏み出したら違ったのです。
仏教って知らず知らず私たちの生活のなかに入ってきているものですし、その仏教を現在まで伝えてきてくれた人が親鸞聖人であることには間違いはないわけですから、何も怪しいこともなく逆にそんな風に思った私が本当にダメな人間だと思います。
特に会員でもない私がなんで親鸞会へ出向くようになったかというと、それは浄土真宗の特に大切にされているお経の1つである観無量寿経について聞くことができると聞いたからです。

観無量寿経とは省略すると観経といわれているそうです。
その観無量寿経の内容というのが有名な「王舎城の悲劇」で韋提希夫人へのご説法が記されているそうです。
この浄土真宗のお経の1つである観無量寿経の内容は簡単に説明することができるものでもないので、次回から数回に分けて、この浄土真宗の観無量寿経というお経とは一体どんなものなのかをお話していきたいと思います。

浄土真宗についての疑問点

Posted 5月 12th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:お経とは
コメントは受け付けていません。

浄土真宗のお経について調べています。

浄土真宗のお経に興味といったらなんですが、浄土真宗のお経を覚えたいと思ったきっかけは祖母の葬儀に参列してから。
お盆やお墓参りに行った時に、この浄土真宗のお経を読みたくて調べ始めたのがキッカケ。

浄土真宗には数多くのお経があると思っていたら、最も大切とされているのが3部経と言われる3つのお経。

そのお経について1つずつ調べているのですが、今回はその3つのお経を調べているときに疑問に思ったことを書きたいと思います。

それは、時たまでてくる「経」「律」「論」という文字。
どんな意味なのか調べてみます!

お経には次の三種類があるそうで・・・
● 経・・・お釈迦さまの教えをまとめたもの。
● 律・・・戒律(規則)に関するもの。
● 論・・・経と律に関する解説および研究論文。

中心となるのはやはり経です。お釈迦さまが弟子たちに説かれた話の記録です。
お経の文章構成は、概ね次のようになっています。

● 如是我聞(にょぜがもん)私は次のように聞きました。で始まり、
● 教えが説かれた場所。
● 聞いた人の人数。
● 会話の内容。
● 信受奉行しんじゅぶぎょう私はこの教えを信じ受け取り実行します。で終わります。

お経という漢字に使われる「経」とは線や糸という意味で、一本の糸に美しい花を通し鼻の輪をつくるよう、お釈迦様のすぐれた教えをいくつも並べたものという意味があるそうです。
ほかにも疑問に思うことは多々あります。
お釈迦様と阿弥陀はどっちがえらいのか?とか阿弥陀仏と浄土真宗のお経は違うのか?
なんだか、昔の言葉で書いてあるだけにどんな言い回しなのか分からないというところにあります。

でも、そんなことで浄土真宗のお経について調べることを諦めたりはしませんよ!!

浄土真宗の大切なお経とは

Posted 3月 16th, 2009 by まるこ and filed in 浄土真宗:お経とは
コメントは受け付けていません。

祖母の葬儀に参列して以降、浄土真宗のお経について興味を持ち始めた私。
興味と言ってもただ祖母の命日やお盆などにお経の1つでもあげることができたら、私のご先祖さんやおばあちゃんが喜んでくれるのではないか?と思ったのがきっかけ。

でも、右も左も分からない浄土真宗という仏教の世界。

お経に興味があるといえども、どこから調べていけばいいのか分からないでいたので私はこう考えました。

「浄土真宗で最も大切にされているお経を覚えたらいいんじゃないか!」って・・・

だって、浄土真宗のお経っていったいいくつあるのか分からないじゃないですか!
なので、今回は浄土真宗のお経の数とその中でももっとも大切とされているお経について調べてみようと思ったのです。

前回は、お釈迦様のご説法を書き残したものをお経というといことを勉強しました。
お経という言い方をもう少し丁寧な言い方にすると「経典」というそうですが・・・

そんなお経の中で特に大切なお経がどうやら3巻あるあそうです。
このことを浄土三部経といわれているそうです。
その浄土三部経というのは次の3つです。

1、大無量寿経
2、阿弥陀経
3、観無量寿経

この3巻が浄土真宗のお経。
それに、浄土真宗の場合はこの3つのお経を大切にしているので、『般若心経』 や 『観音経』 などを読んだり書写したりすることはないそうです。

7000冊あまりあるお釈迦様の教えの中でも最も大切にされる、この大無量寿経、阿弥陀経、観無量寿経について次回から1つずつどんな内容がこの浄土真宗のお経の中にはかかれているのか、この浄土真宗のお経はどのような意味をもつのかを調べていきたいと思います。